全444ページ

2017.06.05     カテゴリー :   ☆キジ科

ヤマドリ

林道で突然の出会いだったが、何とかヤマドリと分かる写真が撮れたので参考までにアップします。
林道は日増しに葉が生い茂り、日中でも薄暗くなってきました。
光が射しこんでる状況は魅力的ですが、コントラストが強すぎて、被写体としては高難度ですね。
撮影条件を探る間も無く、ヤマドリはヒョイと谷側へ飛び降りてしまいました。
因みにシャッター速度は1/20秒(手持ち)でした。

ヤマドリ雄
風の彩り00000335

2017.06.04     カテゴリー :   ⑨ その他 写真

ブルーインパルス・彦根

山中で探鳥していたら、突然爆音が響いてきたので、見通しの良い場所に出てみたら、ジェット機の編隊飛行だった。
彦根城の築城410年記念イベントに、ブルーインパルスを招いた旨を後で教えてもらった。

風の彩り00000328

風の彩り00000329

風の彩り00000330

風の彩り00000334

風の彩り00000333

風の彩り00000332

2017.06.02     カテゴリー : ☆シギ科  ・トウネン

トウネン

早朝の田圃に、トウネンがいたので近付いてくるのを、車中で待って撮らせてもらいました。
時々虫を捕らえて食べていたので、この様子なら暫く滞在してくれるかもと期待したが、翌日には抜けていた。
MFに飛来するシギチは少なくて、翌日には殆どが渡去する。それでも観察を継続してると、
環境の変化に敏感に反応している、野鳥たちの生きざまを観ることができる。

虫を捕らえた トウネン夏羽 (5月9日撮影)
風の彩り00000319

余談ですが
 野良と思われる猫が、隣家の車の下で死んでいた。
 朝見た時は寝ていると思ったが、午後になっても全く動かないので、確認したら死んでいた。
 燐家の人は留守だったので、近所の猫好きの人に相談して、市役所に連絡して引き取ってもらった。
 夕方には我が家の玄関先で、ヤモリが車にひかれてペシャンコになっていた。
 明日は我が身と思わないでもないが、命の尊さを考えさせられる出来事だった。

2017.06.01     カテゴリー : ★ヒタキ科  ・クロツグミ

クロツグミ

今日は撮り鉄のあとに、午後から林道へ入った。
夏鳥たちの鳴き声が盛んに聞こえていたので、沢に降りてくることを願って待機したが駄目だった。

樹上のクロツグミ
風の彩り00000316

2017.05.31     カテゴリー : ☆シギ科  ・アオアシシギ

アオアシシギ

今日は愚息の誕生日でした。
特に言葉を交すこともなかったが、ただ見守っていてやればいいと思ってる。
私の胃の検査結果は、異常なしだった。
先行き不安が払拭されたわけではないが、当面は健康で過ごせるのが有難い。
今夕は遠雷が響き、暗雲が通り過ぎて行った・・・もうすぐ入梅です。

アオアシシギ成鳥夏羽 (5月12日撮影)
風の彩り00000315



検索フォーム
キーワードを書込んで検索すると、過去記事をご覧頂けます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

梟(フクロウ)

Author:梟(フクロウ)
滋賀県在住
日本野鳥の会会員
バードリサーチ会員
野鳥観察は2007年から
MFは琵琶湖東部の山野湖沼
時々全国各地へ遠征

*お知らせ
鉄道写真ブログ(併設)
良かったらご覧ください。
撮り鉄日記・風の彩り 

カテゴリ
バナーリンク
top_title.jpg
p_info.jpg right_banner.jpg
HUKUROU

琵琶湖 湖北  オオワシ オシドリ 彦根城 オジロワシ アカエリカイツブリ 紅葉 オオヒシクイ オオルリ ブッポウソウ タカの渡り サンコウチョウ チュウサギ マミチャジナイ タマシギ タカブシギ オオヨシキリ ウミアイサ ヨシガモ 教林坊 タゲリ コハクチョウ ホシハジロ ホウロクシギ ミヤコドり ハヤブサ ツルシギ アメリカヒドリ オオハクチョウ ヒシクイ たねや カンムリウミスズメ シロハラ ジョウビタキ アメリカコガモ 玄宮園 シノリガモ アオジ アトリ コチドリ オオハム コガモ♀の雄化個体 コウノトリ オナガガモ カナムグラ ユキホオジロ ヘラサギ アカハシハジロ 水郷めぐり トラツグミ ホオジロガモ イソヒヨドリ イカル 夕日 ナベズル ミコアイサ ハチクマ