2016.06.27     カテゴリー : ⑩ 雑 記  ・雑 記

環境こだわり農産物栽培

「なつみずたんぼ」を探していたら、トンボが飛び回ってる田圃に遭遇した。
水の中にも、いろんな生き物がいたので、暫く観ていたら子供の頃に遊んだ田圃を思い出した。
農薬や化学肥料を半減すれば、いきものたちがこんなにも生き生きとするのですね・・・実感です。

7D2C7248.jpg

「滋賀県環境こだわり農業推進基本計画」
*抜粋 (推進基本計画書は既にネット公開されています)
【現状と課題】
本県独自の環境農業直接支払制度(平成16 年度~平成20 年度)や農地・水・環境保全向上対策(平成19 年度~平成23 年度)により、環境こだわり農産物の栽培面積は拡大し、平成26年度には14,353ha に達しました。
このうち水稲は12,735ha で県内水稲作付面積の約41%で取り組まれています。この結果、環境こだわり農産物を経営の柱に位置づけ、有利販売によって所得の向上につなげる農業者等の事例も見られるようになってきました。

また、県内における化学合成農薬の使用量は、調査を始めた平成12 年度と比較して約40%削減されています。
さらに、「魚のゆりかご水田」に代表される豊かな生きものを育む水田づくりなど、生物多様性の保全に向けた取組も年々増加しています。

しかし、近年、環境こだわり農産物の栽培面積は伸び悩んでおり、特に野菜などの園芸品目については、「減農薬で商品価値が劣るリスクが高いにもかかわらず代替技術が少ない」「大幅な手間がかかる」、あるいは「こだわった栽培が価格に反映されにくい」などの理由から、取組が停滞しています。

また、水田ハローによる浅水代かきの実施や集落ぐるみによる農業排水対策の取組の増加にもかかわらず、河川の透視度調査によると、引き続き改善に向けた取り組みが必要な状況が続いています。

関連記事


プロフィール

梟(フクロウ)

Author:梟(フクロウ)
FC2ブログへようこそ!
滋賀県在住の爺さんです。
野鳥撮影は2007年にカワセミとの出会いが
切っ掛けで始めました。
日頃は琵琶湖の東部で、運動不足解消を
兼ねて鳥と戯れ、時々各地に出かけています。
尚、当ブログのカテゴリーは撮影地別に分け、
滋賀県で撮影した野鳥を種別分類しています。
先ずは自分の在所に生息する野鳥を知りたい
との思いです。

また野鳥撮影の傍らで、鉄道や風景写真も
折に触れ撮っています。
其々のブログを併設していますので、
良かったらご覧ください。

鉄道写真ブログ
撮り鉄日記 

風景写真ブログ
風の彩り 

カテゴリ
バナーリンク
top_title.jpg
p_info.jpg right_banner.jpg