2016.05.20     カテゴリー :   ★サギ科

チュウサギ

チュウサギが草むらに潜む(カエル?)獲物を探しながら、こちらの方に近付いてきます。
真剣な眼差しを感じ取りながら、成果を期待しましたが、このときは駄目でした。

KE2T1065.jpg


余談ですが
 今春の田圃は、生き物たちの気配が極端に減っています。
 カエルの鳴き声が聞こえない。昆虫類が少なく殆ど見かけない。
 ツバメは数羽しか飛ばず、サギやユリカモメも入ってこない。
 去年まで夕方には沢山のコウモリも飛び回っていたのに今年は見かけません。
 なんでだろう?
 稲作は大規模化の基に集約され、個人営農は殆ど無くなっています。
 土地改良が進み、区画が拡大され、畦がコンクリート壁になりました。
 それでも生き物が生息していたら、鳥たちも集まってくるのだが、水や土の中に生き物がいないようです。
 詳しいことは分からないが考えられるのは農薬の影響です。
 こんなことで良いのかなぁと心配になります。
 目先の経済性の追及により、大事なものを失っているような気がします。
 
関連記事


検索フォーム
キーワードを書込んで検索すると、過去記事をご覧頂けます。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

梟(フクロウ)

Author:梟(フクロウ)
滋賀県在住
日本野鳥の会本部会員
野鳥観察は2007年~
M.Fは琵琶湖東部の山野湖沼
時々全国各地へ遠征

*お知らせ
鉄道写真ブログ(併設)
良かったらご覧ください。
撮り鉄日記・風の彩り 

カテゴリ
バナーリンク
top_title.jpg
p_info.jpg right_banner.jpg
HUKUROU

琵琶湖 湖北 オオワシ  紅葉 オオヒシクイ 彦根城 アカエリカイツブリ オジロワシ オシドリ タカの渡り オオハム ヒシクイ コガモ♀の雄化個体 ブッポウソウ オオルリ タカブシギ オオヨシキリ ホシハジロ サンコウチョウ ハヤブサ ウミアイサ 教林坊 コハクチョウ ヨシガモ コウノトリ ホウロクシギ ミヤコドり アメリカヒドリ オオハクチョウ チュウサギ タゲリ ツルシギ カナムグラ オナガガモ イカル 夕日 ナベズル 玄宮園 アメリカコガモ シノリガモ シロハラ カンムリウミスズメ ジョウビタキ ミコアイサ イソヒヨドリ たねや アトリ アオジ マミチャジナイ トラツグミ 水郷めぐり ホオジロガモ ヘラサギ ユキホオジロ アカハシハジロ タマシギ