2016.04.13     カテゴリー : ★ヒタキ科  ・ジョウビタキ

ジョウビタキの我家飛来記録

◎渡去/2016年4月13日
今日は我が家に居候していた ジョウビタキ♀が、全く姿を見せなかった。
昨夕も庭にいたので、「そろそろ行かないと帰れなくなるよ」と話しかけていたのですが、
漸く今朝(4月13日)になって、渡去したようです。(夜間の渡りもあり得るが・・・?)
飛来したのは10月22日だったので、約6ヶ月もの滞在でした。
また会えると良いのだけれど、君は覚えていてくれるだろうか・・・。

7D2C3469.jpg

◎渡去/2015年3月22日 
  今日は我が家に居候していた ジョウビタキ君が今日は全く姿を見せませんでした。
  昨夕17時半頃までは、私の庭仕事を見ていたのですが・・・。
  好天気が続き風向きも良くなったので、きっと繁殖地へ旅立ったのだと思います。

  繁殖地がバイカル湖周辺だとすると、我が家から直線距離≒3千kmです。
  体長13cm、体重20g の小鳥が、気の遠くなるような長旅をするのですね。
  因みに飛来日は10月26日で、ハナミズキの実を盛んに啄んでいました。

  暫くは淋しいけれど、彼の無事を祈りながら、今秋の再会を楽しみに待つことにします。

VAN0383.jpg

・庭仕事/2015年3月5日
  庭仕事を見つめるジョウビタキ君です。
  植木鉢を移動したときに、這い出してくる虫を狙っています。

VAN0289.jpg

・霙の朝/2015年1月10日
  朝から霙が降っていたので、出かけるのを躊躇っていたら、ジョウビタキ君がやって来ました。
  暫く遊んでいたら、晴れ間が出てきたので、何処かへ飛んでいきました。
  それじゃ私もと、重い腰を上げるようにして、近場をひと回りしてきました。

VANL7791.jpg

・雪を凌いで/2014年12月20日
  雪が降ると野鳥たちは、食べ物を探すのに難儀する。
  ある程度気温が上がらないと、虫類は動かないから、肉食の野鳥たちも種子を食べて空腹を凌いでる。
  2日間降り続いた雪も、今日は殆ど解けて、田圃の土も見えてきた。
  明日は晴れそうだから、野鳥たちは採餌に励むことでしょう。

KENT8502.jpg

・雪/2014年12月19日
  また降り出した雪を、見あげるジョウビタキ君です。

KENT8297.jpg


・居候/2014年12月13日
  我が家に居ついている ジョウビタキ君は、
  毎朝7時頃にやって来て、夕方4時頃になると何処かに去って行きます。
  給餌は出来るだけ控えていますが、写真を見ると可也肥満体に見えますね・・・。

KENT8097.jpg

◎渡去迫る/2013年3月18日
  そろそろ繁殖地に渡っていきそうなジョウビタキ君です。
  10月中旬に飛来してから約5カ月間、当地で過ごしたことになります。
  今日は、何度もユスリカの様な虫をフライングキャッチしていました。
  厳しい冬を凌いで春を迎えたのだから、きっと嬉しいのでしょう。

BN4D4995.jpg

○到着/2012年10月25日
  我が家にジョウビタキ君が到着しました。
  昨年は10月14日だったので、10日ほど遅れたけれど、ちゃんとやって来たから一安心です。
  原因は、やはり温暖化でしょうね。

ジョウビタキ

○到着/2011年10月22日
  今年もジョウビタキがやってきました。
  夕方の散歩をしようと玄関を出たら 「 ヒッ ヒッ ヒッ 」 とジョウビタキの鳴き声がしたので見上げたら、
  電線に雄がとまっていました。「オッ よう来たなぁ・・・」と声をかけたら、飛んでいきました。
  散歩から帰ってきたら、今度は雌が電線にとまっています。
  「一緒に来てたんやなぁ・・・長旅お疲れさんやったね」







◎渡去/2011年4月9日
  名残りを惜しむかのようにジョウビタキ君が私の傍に来てくれました。
  翌日には、もう彼の姿がなく・・・旅路についたようです。



○到着/2009年10月23日
  今年も我が家にジョウビタキがやってきました。
  今日は早めに帰宅できたので、部屋で寛いでいたら庭のハナミズキにとまったジョウビタキ君と目があった。
  独特の鳴き声で私に挨拶をしてくれてる様でした。

  記念写真を撮らせて貰おうとカメラを準備してる間に居なくなった。
  暫く待っていたが日が暮れてきたので、近所を探してみたらテレビのアンテナにとまって盛んに鳴いていました。

  縄張りを宣言しながら雌を呼んでるのだと思います。
  去年のジョウビタキと同じ固体かどうかは分かりませんが、ほぼ同じ時期にちゃんと来てくれたのだから嬉しいです。







関連記事


検索フォーム
キーワードを書込んで検索すると、過去記事をご覧頂けます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

梟(フクロウ)

Author:梟(フクロウ)
滋賀県在住
日本野鳥の会会員
バードリサーチ会員
野鳥観察は2007年から
MFは琵琶湖東部の山野湖沼
時々全国各地へ遠征

*お知らせ
鉄道写真ブログ(併設)
良かったらご覧ください。
撮り鉄日記・風の彩り 

カテゴリ
バナーリンク
top_title.jpg
p_info.jpg right_banner.jpg
HUKUROU

琵琶湖 湖北  オオワシ オシドリ 彦根城 オジロワシ アカエリカイツブリ 紅葉 オオヒシクイ オオルリ ブッポウソウ タカの渡り サンコウチョウ チュウサギ マミチャジナイ タマシギ タカブシギ オオヨシキリ ウミアイサ ヨシガモ 教林坊 タゲリ コハクチョウ ホシハジロ ホウロクシギ ミヤコドり ハヤブサ ツルシギ アメリカヒドリ オオハクチョウ ヒシクイ たねや カンムリウミスズメ シロハラ ジョウビタキ アメリカコガモ 玄宮園 シノリガモ アオジ アトリ コチドリ オオハム コガモ♀の雄化個体 コウノトリ オナガガモ カナムグラ ユキホオジロ ヘラサギ アカハシハジロ 水郷めぐり トラツグミ ホオジロガモ イソヒヨドリ イカル 夕日 ナベズル ミコアイサ ハチクマ