2015.07.21     カテゴリー : ⑩ 雑 記  ・撮影機材

イメージセンサー清掃

青空に黒っぽい斑点が、写りこんでいるのが気になったので、センサーの清掃を行うことにしました。

カメラとレンズの組合わせによる消去法で、斑点の原因はカメラ側にあることが分かりました。 
PCで100%画像をチェックした結果、斑点の数は72個もありました。
撮影条件は最大絞り(F32)低感度(ISO100)です。
絞りF13~開放は、殆ど分からなくなるのですが、やはり気になるので清掃することにしました。

(1) ブロアーによる清掃
      今回は殆ど効果がなくガッカリでした・・・。
(2) ペンタ棒による除去
      通称ペンタ棒が良さそうなので、早速購入しました(アマゾン¥3,118)
      「意外と簡単かも!? 自分で出来るカメラセンサーの清掃、3つの方法」
       http://photo-studio9.com/imagesensor-cleaning/
    ・カメラ:EOS1Dmⅳ
    ・レンズ:EF70-200mmF4.0 (絞り32 ISO100)
       流石評判通り効果がありました。
       72個あった斑点は、3個まで減らせました。
       残った斑点は絞り18からは、分からなくなる程度なので、今回はこれで良しとしました。
(3) 反省
     普段は野鳥撮影が多く、レンズの絞りは1段程度~開放です。
     綺麗な青空を見て、偶には風景を撮影しようと思い、F13~22程度まで絞った結果、
     斑点の写りこみに気付きました。100%画像をみると凄い数だったので驚きました。
     取り敢えず撮った画像の斑点はスタンプ処理しましたが、数が多く手間が掛かります。
     ダストデリートデーターによる自動ゴミ消し方法も承知していますが、このカメラは5年ほど
     センサーの清掃を行っていないので、先ずは清掃しなければとの思いが先にたった次第です。

                                                           以上
関連記事


検索フォーム
キーワードを書込んで検索すると、過去記事をご覧頂けます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

梟(フクロウ)

Author:梟(フクロウ)
滋賀県在住
日本野鳥の会会員
バードリサーチ会員
野鳥観察=2007年から
MF=琵琶湖東部の山野湖沼
稀に全国各地へ遠征

*お知らせ
鉄道写真ブログ(併設)
良かったらご覧ください。
鉄景~風の彩り~ 

カテゴリ
バナーリンク
top_title.jpg
p_info.jpg right_banner.jpg
メールフォーム
連絡問合せ等に活用して下さい。    内容は当ブログに表示されない。

名前:
メール:
件名:
本文:

「確認」押せば書込画面に移る。
HUKUROU

琵琶湖 湖北  オオワシ オシドリ 彦根城 オジロワシ アカエリカイツブリ 紅葉 オオヒシクイ オオルリ ブッポウソウ タカの渡り サンコウチョウ チュウサギ マミチャジナイ タマシギ タカブシギ オオヨシキリ ウミアイサ ヨシガモ 教林坊 タゲリ コハクチョウ ホシハジロ ホウロクシギ ミヤコドり ハヤブサ ツルシギ アメリカヒドリ オオハクチョウ ヒシクイ たねや カンムリウミスズメ シロハラ ジョウビタキ アメリカコガモ 玄宮園 シノリガモ アオジ アトリ コチドリ オオハム コガモ♀の雄化個体 コウノトリ オナガガモ カナムグラ ユキホオジロ ヘラサギ アカハシハジロ 水郷めぐり トラツグミ ホオジロガモ イソヒヨドリ イカル 夕日 ナベズル ミコアイサ ハチクマ