2014.03.30     カテゴリー : ★カモ科  ・サカツラガン

サカツラガン観察記(8日目)

3月30日 曇り時々雨
今日もサカツラガンは健在です。
今のところ人目にふれずに経過しており、静かな環境で過ごしています。
私は採餌を妨げないように、50m以上の間隔をとって車中から観察しています。

湖北で越冬した個体は、2月21日の確認記録が最終です。
他の地域では3月11日の中日新聞(*1)が唯一報じている。
これらが同じ個体かどうかは分からないが、同じ可能性もあり得る。

(*1)
 日本への飛来が珍しくなったサカツラガンを、県鳥類生態研究会の会員山田啓祐さん(40)が、
 魚津市内の片貝川河口で写真に収めた。
 研究会によると、県内では一九八九年十月に黒部市の黒部川河口で確認されて以来二十四年ぶり。

1週間ほどの観察では、身体に異常はなく、沼の周辺で採餌できており、時期が来れば北帰するだろう・・・。
IMG_7309.jpg

IMG_7266.jpg

IMG_7287.jpg

雨が降ってきました。
IMG_7444.jpg

IMG_7388.jpg

関連記事


検索フォーム
キーワードを書込んで検索すると、過去記事をご覧頂けます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

梟(フクロウ)

Author:梟(フクロウ)
滋賀県在住
日本野鳥の会会員
バードリサーチ会員
野鳥観察=2007年から
MF=琵琶湖東部の山野湖沼
稀に全国各地へ遠征

*お知らせ
鉄道写真ブログ(併設)
良かったらご覧ください。
鉄景~風の彩り~ 

カテゴリ
バナーリンク
top_title.jpg
p_info.jpg right_banner.jpg
メールフォーム
連絡問合せ等に活用して下さい。    内容は当ブログに表示されない。

名前:
メール:
件名:
本文:

「確認」押せば書込画面に移る。
HUKUROU

琵琶湖 湖北  オオワシ オシドリ 彦根城 オジロワシ アカエリカイツブリ 紅葉 オオヒシクイ オオルリ ブッポウソウ タカの渡り サンコウチョウ チュウサギ マミチャジナイ タマシギ タカブシギ オオヨシキリ ウミアイサ ヨシガモ 教林坊 タゲリ コハクチョウ ホシハジロ ホウロクシギ ミヤコドり ハヤブサ ツルシギ アメリカヒドリ オオハクチョウ ヒシクイ たねや カンムリウミスズメ シロハラ ジョウビタキ アメリカコガモ 玄宮園 シノリガモ アオジ アトリ コチドリ オオハム コガモ♀の雄化個体 コウノトリ オナガガモ カナムグラ ユキホオジロ ヘラサギ アカハシハジロ 水郷めぐり トラツグミ ホオジロガモ イソヒヨドリ イカル 夕日 ナベズル ミコアイサ ハチクマ