2014.03.08     カテゴリー : ⑩ 雑 記  ・雑 記

クルーズルール/道東の野鳥情報

2014年3月5日(水)
<落石ネイチャークルーズ>   By イーグル

 今日は中国からのカメラマン3名と日本人のお客様1名。曇りで波が荒く、かなり厳しいクルーズとなりました。
海鳥も波間に見えかくれし、識別にも時間がかかり、今いち調子に乗り切れない状況でした。

 また、中国人のカメラマン3人組が、三脚の持ち込み不可の規則を守らず閉口いたしました。
三脚持込みは不可である旨、再三説明。一脚にして使うから、というので持ち込みを認めた所、堂々と三脚にして使い始める。再度注意すると、その時だけは一脚に戻すが、私がガイドを始めると、すぐに三脚に戻してしまう。

また、注意すると言うようなことが、5回続きました。流石に彼らの傲慢かつ人をおちょくったような態度に怒りがこみ上げてきました。大きな声で(英語ですが)、今度やったら船を港に戻す!船を下りてもらうぞ!と怒鳴りつけてやりました。

17498~1


 私はルールを守らない輩は、お客さまとは認めません。払い戻しして下船させるのはやむを得ない、と考えています。今度はさすがに謝り、一脚で撮影していました。そのあとは、波がひどくなり、大型レンズを使いこなすことが不可能になったとみえ、とうとう、三脚をたたみ、床に転がしたままにしておりました。それ見たことか!と心の中で叫び、溜飲が下がりました。
 
その後は、高い波が続き、彼らが二度と三脚を使う事はありませんでした。
波に救われたのは彼らの方です。もし、今日が波の小さな日だったら、確実に船を港に戻し、彼らをたたき出すことになったと思います。
 
こんなこと言いたくありませんが、ルールや常識を無視する中国人カメラマン! もっとちゃんとしろよ! 
あなた達の「常識」は日本や世界では通用しないぞ! (中国人だけじゃないけど)

 ちなみに、もう一方の日本人のお客様は、穏やかな人間性豊かな紳士でした。この方には、少し見苦しい所をお見せしました。この場をお借りし、心から不手際をお詫びいたしたいと存じます。

≪確認種≫
オジロワシ(2),オオワシ(2),ヒメウオオハクチョウ,シノリガモ,キンクロハジロ,スズガモ,クロガモ,
ビロードキンクロ(1),ホオジロガモ,コオリガモ,ウミアイサ,オオセグロカモメ,ワシカモメ,シロカモメ,
ウミガラス(1),ケイマフリウミバト(1)*亜種アリューシャン・タイプ
コウミスズメ(100+),コクガン(10)

関連記事


検索フォーム
キーワードを書込んで検索すると、過去記事をご覧頂けます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

梟(フクロウ)

Author:梟(フクロウ)
滋賀県在住
日本野鳥の会会員
バードリサーチ会員
野鳥観察=2007年から
MF=琵琶湖東部の山野湖沼
稀に全国各地へ遠征

*お知らせ
鉄道写真ブログ(併設)
良かったらご覧ください。
鉄景~風の彩り~ 

カテゴリ
バナーリンク
top_title.jpg
p_info.jpg right_banner.jpg
メールフォーム
連絡問合せ等に活用して下さい。    内容は当ブログに表示されない。

名前:
メール:
件名:
本文:

「確認」押せば書込画面に移る。
HUKUROU

琵琶湖 湖北  オオワシ オシドリ 彦根城 オジロワシ アカエリカイツブリ 紅葉 オオヒシクイ オオルリ ブッポウソウ タカの渡り サンコウチョウ チュウサギ マミチャジナイ タマシギ タカブシギ オオヨシキリ ウミアイサ ヨシガモ 教林坊 タゲリ コハクチョウ ホシハジロ ホウロクシギ ミヤコドり ハヤブサ ツルシギ アメリカヒドリ オオハクチョウ ヒシクイ たねや カンムリウミスズメ シロハラ ジョウビタキ アメリカコガモ 玄宮園 シノリガモ アオジ アトリ コチドリ オオハム コガモ♀の雄化個体 コウノトリ オナガガモ カナムグラ ユキホオジロ ヘラサギ アカハシハジロ 水郷めぐり トラツグミ ホオジロガモ イソヒヨドリ イカル 夕日 ナベズル ミコアイサ ハチクマ