2013.05.17     カテゴリー : ⑤ 遠征探鳥記   ・2013 舳倉島

舳倉島

舳倉島に行って来ました。
写真は整理中に付き、追って掲載させていただきますので、ご容赦ください。

シマアオジ、シマノジコが出てるとの情報入手により、日帰り覚悟で12日早朝出発したが、
金沢西通過が7時過ぎになり、出航時刻に間に合いそうになく、舳倉島には翌日渡ることにした。

12日は普正寺の森や河北潟を探鳥後に、千枚田の夕景を撮影し輪島に戻って車中泊とした。
翌13日も晴天なり。てっきり島へ渡れるものと思って待機してたら「欠航」と決まり残念無念。
既に島に渡ってる知人に電話をかけて、鳥状況を聞いたら「いろいろ出てる」との事だったので、
明日船が出たら、現地でお会いしましょうと約束する。

さてどうするか・・・運が良ければ、マダラチュウヒに会えるかもと良いように考えて河北潟へ行くことにする。
シギチを探しながら、時々上空を飛ぶ猛禽を確認するも、それらしき鳥も現れず、早々に諦めて、普正寺の森に
移動して探鳥しながら時間を潰した。 

13日の朝は曇天で、やきもきするも「出航」と決まった。
宿泊予約がとれてないので日帰りは仕方がないと覚悟を決めて臨んだが、「泊めてくれそうだよ」と教えて貰い
早速、「つかさ」さんへ電話して泣きついたら・・・一泊だけとの条件付きで泊めて貰えることになりました。

ところが14日がまたもや「欠航」となり、2泊することになったから、予定は目まぐるしく変わる。
14日の島の天気は快晴で、風波とも弱かったのに何故「欠航」なのか解せないが、当方は大歓迎であった。

翌15日は「出航」・・・そんなこんなで昨夜、無事に帰宅しております。
尚、探鳥地及び宿泊先で、多くの方々に大変お世話になり有難うございました。
いつかまた何処かでお会いできることを楽しみにしております。


14日~16日 出現鳥
 キジバト、アオバト、オオミズナギドリ(大群)、ウミウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、
 カラシラサギ、ツツドリ(赤色型)、カッコウ、ホトトギス、ヨタカ、ハリオアマツバメ、セイタカシギ、
 オオジシギ、アカエリヒレアシシギ(蚊柱のような大群を海上の数か所で確認)、ウミネコ、セグロカモメ、
 トビ、アカハラダカ、ツミ、ハヤブサ、サンショウクイ、サンコウチョウ、アカモズ、シマアカモズ、
 ヤマガラ、シジュウカラ、コシアカツバメ、ウグイス、キマユムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、
 メジロ、ヒレンジャク、コムクドリ、ツグミ、ハチジョウツグミ、シロハラ、アカハラ、カラアカハラ、
 マミジロ(♂♀)、ノゴマ、ノビタキ、イソヒヨドリ、エゾビタキ、コサメビタキ、サメビタキ、キビタキ、
 ムギマキ、オオルリ、ニュウナイスズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、
 イカル、シラガホオジロ、シロハラホオジロ、コホオアカ、キマユホオジロ、カシラダカ、シマアオジ(♂♀)、
 シマノジコ(♂♀)、ノジコ、アオジ、シベリアアオジ、クロジ、     
                                      以上71種(亜種含む)

5月13日午前6時頃の輪島港・・・こんなに凪いでるのに欠航とは?!(その後、風が強くなりましたが)
IMG_0511.jpg

IMG_0521.jpg

5月15日午前5時頃の舳倉島の朝
BN4D4526.jpg

BN4D4551.jpg


砕ける白波を見ながらランチ(おにぎり)です(^^
BN4D4978.jpg

関連記事


プロフィール

梟(フクロウ)

Author:梟(フクロウ)
FC2ブログへようこそ!
滋賀県在住の爺さんです。
野鳥撮影は2007年にカワセミとの出会いが
切っ掛けで始めました。
日頃は琵琶湖の東部で、運動不足解消を
兼ねて鳥と戯れ、時々各地に出かけています。
尚、当ブログのカテゴリーは撮影地別に分け、
滋賀県で撮影した野鳥を種別分類しています。
先ずは自分の在所に生息する野鳥を知りたい
との思いです。

また野鳥撮影の傍らで、鉄道や風景写真も
折に触れ撮っています。
其々のブログを併設していますので、
良かったらご覧ください。

鉄道写真ブログ
撮り鉄日記 

風景写真ブログ
風の彩り 

カテゴリ
バナーリンク
top_title.jpg
p_info.jpg right_banner.jpg