カテゴリー 《 ・2012 信越~北海道 》   全8ページ

2012.09.04     カテゴリー : ⑤ 遠征探鳥記   ・2012 信越~北海道

新日本海フェリー(苫小牧⇒敦賀)

 6月30日  20時  苫小牧東港(到着)
        新日本海フェリーの乗船手続きを済ませて待機する。 
        ( 23時30分:苫小牧東港発 ⇒ 翌日20時30分:敦賀着 )
        http://www.snf.jp/
        乗船する車が多くて、30分遅れで24時に出港した。
 
 フロント (6月20日に就航した新造船すずらん号に乗船した。)

 
 ロビー 

  
 乗船時間が深夜だったけれど、直ぐに入浴してベッドインした。   

 
 

 
         ツーリストAのベッドルーム 

 
 少し揺れたけれど、よく眠れました。 朝食を済ませてから、暫し寛ぐ (何もすることがないのです)

 
 レストラン

 
 映画を観たりしながら、到着を待ちます。 

 
 7月1日 19時20分  雲間が少し焼けてきました。

 
 敦賀到着時刻が迫ってきました・・・・下船準備のアナウンスが流れています。

 
 「2012年北海道探鳥紀行」 これにて終了します。
 現地でお会いした方々とは、いつかまた何処かでお会いできるのを、楽しみにしております。
 また長々と当ブログをご覧いただいた方々には、厚く御礼申し上げます。
 「ありがとうございました」
 


2012.09.03     カテゴリー : ⑤ 遠征探鳥記   ・2012 信越~北海道

2012北海道探鳥旅行の纏め

今回の探鳥旅行の概要を一覧表に纏めました。

 
御礼
 現地では沢山の方々にお世話になり、真に有難うございました。
 お蔭様で、昨夜(7月1日20時30分敦賀着)のフェリーで無事に帰宅しております。
 いつかまた、何処かでお会いできれば嬉しいですね。
 

2012.09.02     カテゴリー : ⑤ 遠征探鳥記   ・2012 信越~北海道

ウトナイ湖の野鳥

 6月30日  道の駅・ウトナイ湖  5時起床  曇り
         いよいよ最終日を迎えた。  
         今日はウトナイ湖でゆっくり過ごしながら、帰り支度をしようと思う。
 出現鳥 
   コブハクチョウ、アオジ、コチドリ、シジュウカラ、センダイムシクイ、ウグイス、クロツグミ、アカゲラ
   イカル、オオジュリン、コヨシキリ、ハクセキレイ、ヤブサメ、キビタキ、ノビタキ  (エゾシマリス)
 
 コチドリ

 
 アオジ

 
 ノビタキ雄

 
 ノビタキ雌

 
 

 
 アカゲラ幼鳥

 
 

 
 一段落したので、北栄町にカササギを探しに行ったけれど、見つけられなかった。
 住宅開発が進んでるので、何処かに移動したのかな?
 
 夕食後に土産物を買ってから、苫小牧東港に向った。

2012.09.02     カテゴリー : ⑤ 遠征探鳥記   ・2012 信越~北海道

エゾシマリス

 ウトナイ湖で出あった、エゾシマリスです。
 何かが動く気配を感じたので、身を屈めてじっとしていたら、
 シマリスが枝渡りしながらこちらの方に近付いて来た。 
 
 去年も此処で会ったことを思い出した。
 きっと同じ個体だろうと勝手に思い込んで、旅の最後に出会えたことを感謝した。
 

 
 

 
 

 
 

 
 

2012.09.01     カテゴリー : ⑤ 遠征探鳥記   ・2012 信越~北海道

ウトナイ湖サンクチュアリー

ウトナイ湖サンクチェアリーを紹介します。
 

 
 去年の巣穴付近には気配がなかったので、スタッフに、お聞きしたら今年も無事に子狐が誕生したそうです。

 
 シマアオジが来なくなってから随分と月日が経過するも、看板だけは健在です。

 
 静かです・・・冬の水鳥たちが飛来すれば、様変わりして賑やかに成るでしょう。

 
 ネイチャーセンターも森林に同化して、風格を感じさせます。

 
 オオワシの作り物

 
 シマフクロウの剥製

 
 やはり人気の探鳥地なので、千客万来です! 

 
 

2012.09.01     カテゴリー : ⑤ 遠征探鳥記   ・2012 信越~北海道

ウトナイ湖野生鳥獣保護センター

 ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
 
 道の駅・ウトナイ湖に隣接する、とても立派な建物です。
 展示物などは去年見た時と殆ど同じ内容で、利用する人も少なくて何だか勿体ないですね。
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

2012.09.01     カテゴリー : ⑤ 遠征探鳥記   ・2012 信越~北海道

西岡公園

6月29日 西岡公園  13時~16時  晴れ
出現鳥 : オオアカゲラ、アカゲラ、コゲラ、カワセミ、アオジ、センダイムシクイ、ヤマゲラ、シジュウカラ
 
支笏湖で昼食を済ませてから、西岡公園に移動しました。
此処は地元の野鳥の会が、定期的に探鳥会を行ってるフィールドなので、どの様な所なのかを観察します。
 
水源地の周囲を遊歩道や木道が整備されていて、1時間ほどで一回りできました。
水源地にいたのはマガモだけでしたが、やがて秋になると水鳥たちが集まってくるでしょう。
運が良ければ、ヤマセミも近くで見られるそうです。
森林の樹木や湿地の水草も、みんな活き活きしていて、野鳥たちには、恵まれた環境です。
 
 ヤマガラ幼鳥

 
 オオアカゲラ(雄)

 
 オオアカゲラ(雌)

 
 対岸をカワセミが魚を銜えて飛んでいます。 子育て中の様ですね。

 
 

 
 水源地を古いコンデジカメラ(600万画素)で、撮りましたが、まだまだ使えそうです(^^

 
 湿地には木道が設置されています。 

 
 

 
 道の駅・ウトナイ湖  17時30分(到着)  レストランでステーキを食べる!
               いよいよ車中泊も今夜が最後だ・・・・・・疲れたなぁ(^^;
               6月29日の走行距離=167km
 

2012.08.30     カテゴリー : ⑤ 遠征探鳥記   ・2012 信越~北海道

支笏湖

 6月29日  野幌森林公園  4時起床  晴れ
         野鳥の鳴き声で、目覚めたら周囲が薄明るくなっていた。 
         通りがかった青年に「おはよう」と声をかけたら、立ち話が弾んで30分ほど話し込んだ。
         青年の実家は鹿児島で、獣医を目指して札幌に来て、4年目になるとのことでした。
         青年が去った後に、朝食をすませて、支笏湖へ向かった。
 
 支笏湖 野鳥の森 5時45分 到着  
       午前中は水場とその周辺を探鳥しました。  巣立ち雛との遭遇があって楽しかったです。
       水場からの撮影は3人が限度なので、あまり長時間居座らないようにするのがマナーです。
 
       水場に限らず撮影ポイントが、早い者勝ちや常連さんに占有されてる光景は見苦しいですね。
       此処では私の他に、尾道と札幌から来られた、ご夫婦の4人がいたので、お互いに場所を
       譲り合いながら、和気藹々に過ごせました。
 
 出現鳥 : ヒガラ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、コゲラ、ヤマガラ、アカゲラ、センダイムシクイ、
        ウグイス、クロツグミ
 
 
 コゲラの親子

 
 給餌中

 
 ヒガラ幼鳥

 
 水浴びするヒガラ

 
 水浴び後のセンダイムシクイ

 
 アカゲラ(幼鳥・雌)

 
 支笏湖(午前5時27分)   右が風不死岳(標高1102m)で、左が紋別岳(標高866m)

 
 湖岸から恵庭岳(標高1320m)を望む

 
 千歳川   運が良ければ・・・ヤマセミと出会えますよ。  

 
 千歳川は、北海道支笏湖を源として石狩低地帯を流れる石狩川水系石狩川支流の一級河川である。
 もとは支笏川と呼ばれたが流域に住む鶴にちなみ改名された。アイヌ語ではシコッペッ Sikotpet という。
 

2012.08.27     カテゴリー : ⑤ 遠征探鳥記   ・2012 信越~北海道

宮島沼

 東明公園の次は、宮島沼を訪問しました。
 
 マガンの飛来地として有名な宮島沼を、一度見ておきたかったので、時期外れですが熱心に観察しました。

 
 
 湿地センターの親切なスタッフさんに、いろいろと宮島沼の状況を教えて頂きました。
 中でも年々宮島沼の水量が減って来てることを心配されてました(開発や農業用水増加の影響)。
 またマガンの排泄物等により、沼の水が汚れてしまい、そのまま水田に流せないので
 農家の方々と協議の上、一旦休耕田に水を溜めて汚染水を浄化する対策をとってるそうです。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 オジロワシかと思って撮ったらチュウヒでした。

 
 

 
  人懐っこいヤギさんと、我暫し戯れる(^^

 
 

 
 宮島沼を15時に出発して、野幌森林公園に」向いました。
 公園の傍の銭湯で汗を流し、夕食をすませてから、公園の駐車場で車中泊です。
 他に車がなく少々不安が過りましたが・・・なんのこともなく直ぐに寝入ってしまいました。
 案ずるより寝るが易し(^^!
 今日の走行距離=273km

2012.08.27     カテゴリー : ⑤ 遠征探鳥記   ・2012 信越~北海道

滝里湖~東明公園

 鳥沼公園の次に、滝里湖に移動しました。
 大きな湖で、探鳥ポイントが分からなかったので、足早に次の東明公園へ向かいました。
 

 
 

 

 
 
 東明公園は桜の名所で、公園内の池や周囲に野鳥が集うとの情報があったので訪ねてみました。
 カワセミがいそうな雰囲気だったので、暫く待機しましたが、今回は出会えませんでした。 

 
 

 
 



検索フォーム
キーワードを書込んで検索すると、過去記事をご覧頂けます。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

梟(フクロウ)

Author:梟(フクロウ)
滋賀県在住
日本野鳥の会本部会員
野鳥観察は2007年~
M.Fは琵琶湖東部の山野湖沼
時々全国各地へ遠征

*お知らせ
鉄道写真ブログ(併設)
良かったらご覧ください。
撮り鉄日記・風の彩り 

カテゴリ
バナーリンク
top_title.jpg
p_info.jpg right_banner.jpg
HUKUROU

琵琶湖 湖北 オオワシ  紅葉 オオヒシクイ 彦根城 アカエリカイツブリ オジロワシ オシドリ タカの渡り オオハム ヒシクイ コガモ♀の雄化個体 ブッポウソウ オオルリ タカブシギ オオヨシキリ ホシハジロ サンコウチョウ ハヤブサ ウミアイサ 教林坊 コハクチョウ ヨシガモ コウノトリ ホウロクシギ ミヤコドり アメリカヒドリ オオハクチョウ チュウサギ タゲリ ツルシギ カナムグラ オナガガモ イカル 夕日 ナベズル 玄宮園 アメリカコガモ シノリガモ シロハラ カンムリウミスズメ ジョウビタキ ミコアイサ イソヒヨドリ たねや アトリ アオジ マミチャジナイ トラツグミ 水郷めぐり ホオジロガモ ヘラサギ ユキホオジロ アカハシハジロ タマシギ